Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
カサビアン Ryan Mcginley 新撰21 (セレクション俳人プラス) Wolfgang Tillmans: Still Life
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012.05.27 Sunday 
- -
うがちよみ2

初雪の二十六万色を知る 田中裕明

初雪の景色。
はるか上から降りてくる雪片の一つ一つは実は白くない。
雲のなかから、黒いものとして降ってくる。
地上に近くなるにつれ、灰色となり、白色となる。

「上見れば虫コ 中見れば綿コ 下見れば雪コ」
というわらべうたもあるらしいのだけれど、
その歌のことを私はよく知らない。
しかし描かれている景色や、色を分解する発想は似ているとしていい。

ただ田中裕明にとって、
その黒から白に連なる諧調は、三ではなく、二十六万になる。
私も三よりは多いと思う。
闇と光の間の明度をデジタライズすることができるなら、
それ位の数はあって不思議ではない。

また、この膨大な数は
どことなく二元論などとは無縁の混沌の世界を示しているようでもある。
だから音のなめらかさの都合があえば、
「二十七万」でも「二十八万」でもよかったのだと思っている。
逆にこの「二十六万」に特別の意味を探ろうとする欲がはたらくと、
難解に思えるかもしれない。

しかし、私はここで「二十六万」が何かあえて考えないでおきたい。
エニグマとして残しておく。
そういう初読のときの不可侵の語彙の手ざわりを忘れたとき、
ものを読む愉しみも消えてしまうのではないかなどと思ってもいる。

もともとコンピュータの色の諧調を示す数だそうだが、
それを知ったからと言って格段に読みが深まるわけでもないだろう。
人間は混沌が「混沌」であることを知っている。
言葉は言葉を越えないのだ。

作者は一九五九年生まれ、二〇〇四年没。
掲句は第三句集『櫻姫譚』より。



2011.03.29 Tuesday 21:43
Hiroaki Tanaka comments(0)
東京
寒い日がつづいています。
わたしも「駅でたまにむかしの君がなつかしくなる」
のは、風景のなかのいろんな顔が記憶をそれとなく刺戟するから。

  水涸れて彼ラハコハイモノ知ラズ

読み人知らず、という言葉をわたしは愛します。「彼らは風邪」ですが、なおげんきでやっています。


2011.01.26 Wednesday 19:04
Hiroaki Tanaka comments(0)
ときに

 木枯やいつも前かがみのサルトル   裕明





2010.12.14 Tuesday 20:55
Hiroaki Tanaka comments(0)
徒然草は

   水澄みて再見といふさやうなら   田中裕明


 
「徒然草(つれづれぐさ)」という、エッセイ集があります。今から何百年前かの、吉田兼好という人のエッセイ集です。その文章を読んでいると、書いた人の強い気がびりびりと伝わってきます。なんだか、ツンツンしています。もしかして泣き顔は見せないほうだったんでしょうか。

もともと「徒然草」はそこら辺に書き散らしてあったものを他の人が集めたものらしいですが、じぶんならば、絶対世に出して欲しくないところです。読み手を意識していない文章というものは、なかなかえぐ味のあるものだ、と思っているのです。話のなかには、なかなか説教じみているものもあるではないですか。そういうのは、あんまり読んでもらっても、書き手としても読み手としてもお互いにハッピーではないような気がするのです。

そういうなかで、じぶんのすきな話は、というと、「大根の恩返し」の話でしょうか。これはそういうタイトルが付いているわけではなく、じぶんが勝手に付けたタイトルなのですが、ようは、薬になると思って毎日大根を食べていた人が、自分の館を襲われたときに、大根が助けてくれたという話です。ストーリーだけでもちょっとおもしろいのですが、この話を思いだすたび、その時代の人は大根が戦ってくれるイメージをどういうふうに抱いていたのか、とても気になります。

あご勇のように面長な人なのか?大根バッジをつけているのか?あるいは、着ているものに大文字のマークがあったのか。

まさか、イニシャルのDが縫いつけてあったわけではないだろうけれども。

もしかして、大根の着ぐるみ的な?




2010.10.23 Saturday 01:56
Hiroaki Tanaka comments(0)
1/1PAGES