Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
カサビアン Ryan Mcginley 新撰21 (セレクション俳人プラス) Wolfgang Tillmans: Still Life
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 『超新撰21』についてのmemo2 main No title >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012.05.27 Sunday 
- -
『超新撰21』についてのmemo3
「研究者は文筆業である」と、とある理学部の准教授が言いました。その理由は「研究者の仕事は、現在まで蓄積された知に新しく自分自身の知を積み重ねること」であり「知の蓄積を新たに加えるためには論文を書くしかない」からだそうです。

ここ十年足らずで科学者の論文の投稿数は膨大に増えたと言います。かつてはいちいち専門の論文掲載雑誌の編集者がゲラを組み、校正を行ってくれていましたし、活字にするためにはそれなりの内容で論文を書こうという研究者が多かった。しかし、現代は全くちがいます。論文掲載雑誌によっては研究者が電子ファイルを送り編集者はページの無駄がないよう整形するのみ。ベテランの編集者いらずの編集作業です。一方、研究者は科学研究費の確保のために、論文投稿数を競い合うようにもなっているようです。電子書籍販売の話題が目新しくも感じられる昨今ですが、論文の場合、何年も前から無料でpdfファイルが閲覧できる状態にありました。2011年以降ではそのような傾向は加速し、無料電子書籍が膨大に、時々刻々と世界に出回るようになるでしょう。

そういった状況に置かれると、文章が活字になった(電子ファイルになった)だけでは全くステータスになりません。結果、何が起こるか、主要科学雑誌への掲載が科学者のレベルの指標とされるようになります。「Nature」「Science」のブランド化がより顕著に意識されるようになるわけです。

おそらく、この「膨大と増える論文数」の箇所に俳句の状況を重ね合わせる人も少なくないでしょう。ウェブ上にアップロードされる俳句が今後どこまで増大していくのか。しかも膨大ですから、それが本当に優れたものかの判定が追いつくわけもない。「消費時代の詩」の的確な表現のされ方とは、表現が食いつぶされていくという点にあるのではなく、膨大な作品に対してキャパシティオーバー気味の査定者(人間でなくてもシステムでもいいんですが)が敏感に反応できるテンプレートに巧く乗り込んだ詩のことを言うのかもしれない、とふと考えるわけです。(このあたり「消費時代の詩」(外山一機)へのレスポンス)

表現の再構築というとパッチワーク的技巧のニュアンスで捉えられがちになるのですが、そうではなく、既視感や古典的情趣の埒内で捉えきれる文体をいかに「鮮やかに」再構築しうるか、という意志こそが、消費時代の詩の根底になければいけない気がします。それは、新鮮さと革新性でいえば、新鮮さに重心を置いた詩、とも言えるでしょう。

そういう古典的情趣に自ら突っ込んでいき、そしてそれを突破した作家のはしりとして飴山實がいるのでしょう。よし、今度はそういう感じの方向性を「超伝統派」という呼称にしてはどうかな。いや、こりゃ単純に超現実主義の転用だ(ネーミングセンス!)。

(作品をもっと挙げたいので、つづく。)


2011.01.19 Wednesday 21:00
『超新撰21』 comments(0)
スポンサーサイト


2012.05.27 Sunday 21:00
- -
comment




/PAGES